40代から挑む仕事探し※戦略レポート

*

転職活動を成功させるための心得

   

不満が主な理由で転職したいケース

 “やりたくない職場”とか、もっと多いのは、“東京都内で働きたいという希望を会社に伝えていたのに地方に異動させられた”ようなケースで、会社そのものに不満がつのっている40代なら転職しか考えられなくなっているかもしれません。“勤務地”にこだわりのある人はとても多いです。

 こういうケースなら退職する理由がはっきりしていますので、転職先を見つける際にも採用担当に納得をしてもらいやすいという利点があります。割と短期間で次の転職先を見つけられる可能性も高いですけど、年齢によっては大きく年収ダウンする可能性もあります。

辞める前に、家族に相談して理解を得る

 独身者ならこういう心配はありませんが、40代になると家族がいて子育て中の男女も多いでしょう。自分が転職することで家計が傾いたり、家族が夢をあきらめたりすることがないように、最大の努力をする必要があります。

 日頃から家族とキャリアや家計についてフランクに話せる雰囲気があればいいのですが、そうでない世帯は難しい面もあります。しかし家族に黙って会社を突然辞めたりすると、家族がそれを知ったときのショックははかりしれないものがあります。

 転職活動期間が意外に伸びてしまったり、辞めてから再就職・・・というケースになると、生活費の問題が浮上してきます。自分が今の会社を離れることになっても1年くらいは大丈夫でしょうか?大丈夫でなさそうなら、1年間の生活費程度の貯金は絶対に貯めておきたいところです。

「これだけは譲れないこだわり条件」を明確に

 転職するためには面接を受ける必要があります。採用担当が知りたいのは、「なぜこの職種なのか?」「なぜこの会社を受けたのか?」「自分は何ができるのか?」の3点です。転職するにあたって、何が目的なのか?どういう働き方がしたいのか?自分なりに毎日でもノートにまとめたり、考えを整理する時間を持ちましょう。

 「もっとやりがいのある仕事」が目的なら、同業種か異業種か?企業規模は?必要スキルは?応募先の社員の平均年齢は?など、いろいろ希望条件があるはずです。それと同時に会社を選ぶに際して、どういう会社でなければ・・・というこだわりがあるでしょうから、それも整理しましょう。

 - 未分類

  関連記事

関連記事はありませんでした