40代から挑む仕事探し※戦略レポート

*

40代で在職中に転職先を探す方法

      2014/10/10

転職先が内定するまでは在職中の会社にはナイショ!

 「会社を辞めてしまってからマイペースで転職先を探そう・・・」というのんびりした人も多いですが、そういう考え方は損をする場合が多いです。採用担当にしてみれば、在職中の転職希望者であれば「今いる会社より多くの年収を提示しないとウチには来てくれないだろうな・・・」と考えるので、面接で高めの報酬を切りださざるをえない事情があります。

 しかし会社を辞めて無職の40代が面接にやってきたら(採用担当)「今は無職なのだから、1日でも早く内定をもらいたがっているはず・・・年収を安く提示してみても平気だろう・・・」という心理が働くのです。これって損ですよね。

人脈やコネを活用

 40代で転職を考えている男女なら、今からでも遅くないので会社の外の会合にいろいろ顔を出して、名刺交換やSNSでの交流を積極的に始めましょう。自分の趣味や興味・関心のあるセミナーや勉強会などにちょくちょく参加をして、そこで誰にでも声をかけて会話し、SNS等を教えてもらって自分の人脈を築く努力をしたほうがよいです。

 自分が働いている会社の外の人と交流するのは最初は大変かもしれませんが、転職は外の人とうまくやっていけないと成功しませんし、他の仕事に就いている人たちの会話に耳を傾けることで仕事探しのヒントになることが多数あるのです。

ハローワーク・インターネットサービスで近所の求人を検索

 今の転職人材市場はおいしい求人情報の大半がインターネットに流れてきていますので、探せばいくらでもネット上に応募できる会社は見つかります。志望業種や“どういう仕事がしたい”という働き方の希望がある程度固まっている人なら、さっそく業界研究や企業研究を始めたほうがよいでしょう。

 在職中の会社員であれば会社の上司に“自分が転職を考えている・・・”と告げないほうがよいと思いますが(在職中でもいくらでも仕事探しは可能であるため)、会社の帰りにでもこっそりハローワークに寄って、ハローワークカードを発行してもらい、自宅でハローワークインターネットサービスやその他の公的な情報提供サイトにアクセスしましょう。

 - 在職中に転職先を探す方法

  関連記事

af9920070549l
40代の転職を確実に成功させるための手順とは?!

「こういう会社に転職したい!」という条件を100個書きだして優先順位をつけよう …

af9920061185l
40代の転職なら「転職エージェント」をフル活用しよう!

転職エージェントに登録する  転職エージェントに登録することで、非公開系の求人に …