40代から挑む仕事探し※戦略レポート

*

40代の転職を確実に成功させるための手順とは?!

      2014/10/10

「こういう会社に転職したい!」という条件を100個書きだして優先順位をつけよう

 “自分が就職したいのはこの会社だ!”という確固たる転職後のイメージがある男女ならともかく、そうでない人なら、ただ漠然と“今働いている会社より居心地がよければいいんだが・・・”と考えているのかもしれません。

 あいまいなイメージしか持たないで今の会社を辞めても、年収ダウンと幻滅が待っているだけですので、辞める決意が本物なら、「次はこういう会社に転職したい」「こういう働き方・暮らし方がしたい」という希望を頑張って紙の上に100個並べて書いてみましょう。そしてそれを優先順位で並べてみましょう。

求人媒体の選び方

 「こういう会社に転職したい」とか「こういうライフスタイルに変えたい!」というイメージが固まったら、求人情報を検索するのが随分楽になるはずです。求人媒体の選び方ですが、新聞や無料求人誌など、最初は目についたものは何でも目を通しましょう。志望業界があるなら、そこの「業界紙」を定期購読すれば、新聞のどこかで毎回、人を募集しています。

 ハローワークインターネットサービスは定期的に閲覧・検索して近所の求人を探しましょう。別にハローワークに出向く必要もなく、毎日情報が更新されているので利用しない手はありませんね。労働局のサイトを見れば、最新の有効求人倍率なども載っていますから参考に。

転職サイトに登録しよう

 在職中であるからこそインターネットやスマホは最大限利用したいところです。自分がやってみたいと思えるような求人を載せている転職サイトに最低3社は登録して、レジュメをこまめに更新しましょう。そのうちに匿名スカウトメールがくるかもしれません。近所にある会社で気になる会社の自社サイトは、自分のブラウザの「お気に入り」に登録しておいて、こまめに閲覧するようにすれば、採用情報に目ざとくなれます。

 転職活動も在職中でしたら時間が無い代わりにそれほど生活費の工面に困ることもないので、転職活動は時間がかかるものだという前提で取り組むのなら、意外と近所に面白いプロジェクトに取り組んでいる会社はたくさん見つかるはずです。

 また、転職サイトは応募書類やレジュメを登録しておくだけで、企業の採用担当から匿名スカウトメールをもらうことができます。本当に転職市場価値の高い人材であるなら常時引く手あまたでしょう。

 - 在職中に転職先を探す方法

  関連記事

af9920061185l
40代の転職なら「転職エージェント」をフル活用しよう!

転職エージェントに登録する  転職エージェントに登録することで、非公開系の求人に …

af9920070516l
40代で在職中に転職先を探す方法

転職先が内定するまでは在職中の会社にはナイショ!  「会社を辞めてしまってからマ …