40代から挑む仕事探し※戦略レポート

*

40代の転職で覚悟すること!

   

40代の「ゆるい転職」はありえない!

 新卒や20代の若者の間に最近、「ゆるい就職」が話題になっているそうです。週4日働いて月15万円くらいの月収を得るような働き方のことですが(正社員ではなく派遣社員)、新卒で正社員として就職しても3割が3年以内に辞めてしまうのですから、潜在的に“ゆる就”のニーズはあったのでしょう。セミナーは超満員だそうです。

 しかし「ゆるい就職」が受け入れられるのはせいぜい20代までの話で、それ以降の人生においてそういうことを言っていたら、家族を養ったり、社会の中で自分の居場所を見つけるのも困難になってしまいます。特に40代以降は転職するか・どうかは本人の問題ではなく、周囲の人々をも巻き込む話なので、よくよく決断の前に考えましょう。

40代で転職をする理由について

 40代で転職をしたいと思う理由について、いろいろな転職サービスや調査機関がアンケート調査を実施しています。理由の上位はやはり「会社の人間関係」だそうです。嫌な上司がいるとか、会社の雰囲気に馴染めないとか、そういう人間関係によってもたらされる嫌悪感や疲労が40代を転職を思案させるのでしょう。

 人間関係から「逃げる転職」はうまくいかない可能性が高いです。次の職場へ行ってもまた嫌な人は必ずいるからです。転職を考えているなら、なぜ転職したいと思うのか?そして転職すればその悩みは解決するのだろうか?と冷静に考える必要があります。

今の会社の業績が悪化しているケース

 今自分が勤めている会社の業績が悪化し、給与カットがすでに行われ、将来的にどこまでカットされるのか不安だから転職を考えている人もいるでしょう。給与や年収の上下だけに注目して転職を考えている人は、仕事内容に対するこだわりが薄いです。極端に言えばいまより年収アップすればどんな仕事でもよいというタイプでしょう。こういうタイプの人は転職を繰り返す傾向が見られます。

 「年収アップ」だけが目的の転職なら考えなおして、今の会社で奮闘して業績の回復に貢献するとか、自分で副業を始めるとか、金銭だけの問題なら努力の余地(節約含む)もあります。

 会社であと3年だけ頑張って、それでも年収が下がり続けている・・・というのであれば、思い切って転職するという選択肢もあるでしょう。ただ今の30代~40代はどこの業種も平均年収が下がっていますのでよほどのスキルが無ければ、転職先で目立った改善は見られない可能性もあります。自分の転職市場価値を下げないために、必ず在職中に転職先を探すようにしましょう。

 - 転職前に考えること

  関連記事

af9980028189l
40代の転職とキャリアプラニング

長い労働人生において考えるべきこと  40歳を過ぎる頃になると、体力・気力・記憶 …